清和文楽「雪おんな」

日時:2014年7月6日(日)
会場:レフカダ・カルチャーセンター 野外シアター(レフカダ市)
主催:清和文楽人形芝居保存会
http://hearn2014.yakumokai.org/ja/events#seiwabunraku

熊本県清和村に150年前から伝わる人形浄瑠璃で、農村文楽として住民たちの手によって伝えられ、現在は、保存会のメンバーが人形の頭や衣装を「文楽館」で大切に保管しています。こうして今に残る清和文楽は、年間260回もの上演をするに至りました。「雪おんな」の原作者である小泉八雲は、熊本に約3年間滞在していた縁から上演演目に加えられました。脚本は半藤一利。