高嶋敏展さんの写真シリーズ「『知られぬ日本の面影』への旅」

島根県出雲市在住の写真家・高嶋敏展(としのぶ)さんが、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の著書『知られぬ日本の面影(Glimpses of Unfamiliar Japan)』に登場する島根・鳥取の各地を撮影した作品20点が、松江市からレフカダ市に寄贈され、7月に開館するラフカディオ・ハーン・ヒストリカル・センターで展示されることになりました。

 
以下、寄贈される全20作品。

1・出雲大社の巫女舞い

  
2・神魂神社(かもすじんじゃ)

 
3・八重垣神社 鏡の池

  
4・月照寺の亀

 
5・黒木神社

 
6・八雲旧居 北の庭

 
7・洞光寺の鐘

 
8・城山稲荷神社

 
9・松江城天守閣

 
10・美保神社

 
11・熊野大社

 
12・因幡 以西踊り

 
13・普門院の橋

 
14・宍道湖と嫁が島

 
15・龍昌寺

 
16・大社、稲佐の浜

 
17・一畑薬師

 
18・加賀の潜戸

 
19・花見潟墓地

 
20・小泉八雲旧居 南の庭

 
メディアの報道。

 
『知られぬ日本の面影』をテーマとする高嶋さんのこれまでの写真展。